蟻(アリ)の種類を知ろう!日本で頻繁に見かける蟻の種類と見分け方

蟻 種類

 

は世界中に生息しており、1万種類ほどいるのではとの見方があるほど、どこでも見かけることができます。

 

日本では270種以上は生息しており、発見に至っていない種もあると考えられているのです。

 

そんな蟻ですが、日本ではどういった種が主流なのか、見た目では中々分かりにくいですよね?

 

また蟻の中には人間を攻撃するほど気性が荒いタイプもいるため、危険を回避するにもそうした種類を知っておくことは大切です。

 

ここでは、日本で頻繁に見かける蟻の種類や見分け方、さらに危険な蟻について紹介していきます。

 

 

1.日本で頻繁に見かける蟻の種類と見分け方

 

蟻 種類

 

日本には270を超える種類の蟻が生息していますが、とても小さいのでしっかりと確認しなければ違いなんて分かりませんよね?

 

ですが蟻の種類によっては、人間を攻撃してくるタイプもいるので、小さな子供がいる家庭であれば身近に生息している蟻の種類を見分けることは大切です。

 

以下から、日本で頻繁に見かける蟻の種類と見分け方について紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

@ 「アシナガアリ」平地・山地問わず至る所で生息している

 

蟻 種類

 

日本に生息する蟻の中でも、頻繁に見かけるのが「アシナガアリ」です。

 

体長は4〜8mm程度と小さく、長い足が見分ける際のポイントとなります。

 

スポンサーリンク

 

特に林内の石付近や土中などに生息し、集団で動いているのでその部分だけ色が違っていたりするでしょう。

 

湿った場所を好みますから、自宅周辺で日当たりが悪い場所があるなら、そこに栄巣している可能性もあります。

 

攻撃的な性格はしていませんが、とにかく集団で行動をするので存在感に圧倒されるかもしれませんね。

 

 

A 「クロヤマアリ」低地の明るい場所に好んで生息している

 

蟻 種類

 

低地・高地を問わず様々な場所に生息しているのが、「クロヤマアリ」です。

 

光沢は見られない灰褐色をしており、体長は5mm前後と小さいのが見分けるポイントとなります。

 

常、蟻は湿っぽい場所を好む傾向がありますが、クロヤマアリに関しては明るく乾燥した場所に営巣するのです。

 

ですから住宅地付近でも、頻繁に目撃することができ、小さな黒っぽい蟻を見かけたら、それはクロヤマアリの可能性が高いと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

クロヤマアリは後ろから手でつかむと、膝を抱えたような姿勢になって大人しく運ばれます。

 

ここから分かるように、人間に対して攻撃しようという気持ちを持たないので、特に危害を加えるようなことはありません。

 

 

B 「クロオオアリ」公園や家の外壁などで見かける最も主流な蟻

 

蟻 種類

 

恐らく誰もが一度は見ているのが、「クロオオアリ」という種類の蟻です。

 

主に平地に生息しており、公園や家の庭、外壁、屋内など人間の生活圏にいる場合が多いので目撃頻度も高いでしょう。

 

光沢が無い黒い体と、他の蟻と比較しても大きく、体長は1cmほどもあるため見分けが付きやすいです。

 

少し離れた場所から見下ろしても、クロオオアリが動いているのが分かるほどですから、目立つという意味でも存在感はあります。

 

日当たりが良く乾燥した場所で営巣をし、日本に生息する蟻の中では最大の大きさです。

 

 

2.羽蟻という種類が存在しない理由

 

蟻 種類

 

一般的に蟻は、地面を歩いており飛ぶ素振りなんて全く見せません。

 

ですが春を過ぎると、蟻の中に羽の生えた種類が存在し、飛び回っているのを目撃した経験がある人もいるでしょう。

 

では羽蟻という特別の種類がいるのかと疑問に感じますが、実は羽蟻という種類は存在せず、普通に見かける蟻に羽が生えてくるんですね。

 

スポンサーリンク

 

では、どうして蟻に羽が生え、そして羽が無くなってしまうのでしょうか?

 

実は羽が生えた蟻は、「繁殖専用の蟻」であり、子孫を残す役割のみを担う特別な蟻です。

 

女王アリは巣が大きくなり、別の場所に巣を作らせるために羽蟻を春頃に産み、羽ばたいて別の場所で巣を作らせます。

 

近くに巣を作られると子孫繁栄が思うようにできなくなるので、羽を使わせて遠くに巣を作るのです。

 

このとき、オスはメスと交尾をした後死んでしまいますが、メスは羽を自ら切り外して巣を作り女王蟻となります。

 

ですから羽蟻は期間限定であり、役目を終えれば存在しなくなるのである意味で貴重な蟻と言えるでしょう。

 

 

3.日本に生息している人間を攻撃する蟻の種類と特徴

 

蟻 種類

 

人間を襲う蟻として、日本で特に警戒されているのが「ヒアリ」という種類です。

 

熱帯地方に生息していたこの蟻は、貿易が盛んになったことでコンテナ等で世界各地に入り込み、日本にも侵入が確認されています。

 

非常に攻撃的な性格をしており、日本に生息している在来種の蟻では太刀打ちできないと考えられており、今後は定住しさらに数が増えると警告されているのです。

 

ではこのヒアリは、どういった特徴を持っているのでしょうか?

 

  • 体長:3〜6mm
  • 体色:赤褐色。腹部は黒っぽい
  • 巣:蟻塚で土を盛って巣を作る
  • 食性:雑食
  • 天敵:ノミバエ・蜘蛛・トンボ

 

こういった特徴がありますが、体長が4mmぐらいで、赤褐色をした蟻は日本にも数多く存在しています。

 

ですから専門家ですら、外見でヒアリなのかそれ以外の蟻なのかを見分けるのは難しいと言われているのです。

 

毒を持っており刺されると、腫れやかゆみなどを伴います。

 

死亡するのは稀ですが、アナフィラキシーショックを発症すると、呼吸困難に陥り死亡することもあるので「殺人蟻」として恐れられており、国も警戒を強めています。

 

 

まとめ

 

蟻 種類

 

ここでは、日本で頻繁に見かける蟻の種類や見分け方、さらに危険な蟻について紹介していきました。

 

蟻は全世界で1万種類を超え、日本だけでも270種以上が確認されるなど、一般的な動物として知られています。

 

害虫になるパターンもあるので、見つけたら種類を特定してそれに合わせた対応を取りましょう。

 

怖いのは毒で人を攻撃するヒアリで、刺されたら赤く腫れたりアナフィラキシーショックを発症する危険があるので、ヒアリには近づかないようにしてください。

引き続き、「「害虫」の駆除方法」をご紹介していきます↓




他にこんな記事も読まれています



「害虫の駆除方法」人気記事ランキング



蟻 種類
蚊に刺されてかゆい…蚊に刺されるとかゆくなる原因と対処法



蟻 種類
血液型で蚊の刺されやすさが決まる?蚊に刺されやすい人の特徴まとめ



蟻 種類
蚊はどれぐらい生きる?蚊の寿命や一生に吸血する回数とは?



蟻 種類
蚊を退治しよう!蚊を効果的に駆除する3つの方法や予防法



コバエ


蟻 種類
コバエはどこから侵入するの?コバエが侵入する4つの経路と対処法



蟻 種類
コバエはどうして発生する?コバエの発生原因と対処法



蟻 種類
コバエの駆除方法と退治してから取るべき行動とは?



蟻 種類
コバエの種類はどれぐらい?コバエの種類や特徴・発生を防ぐ方法



ゴキブリ


蟻 種類
ゴキブリを洗剤で駆除できる?洗剤でゴキブリが死ぬ理由と駆除方法



蟻 種類
ゴキブリを瞬殺したい!ゴキブリに熱湯かけると駆除できる理由



蟻 種類
ゴキブリが死なない…ゴキブリの生命力が強い6つの理由とは?



蟻 種類
家のゴキブリを全滅させたい!ゴキブリの天敵となる動物4選



害虫


蟻 種類
害虫を簡単に退治したい!害虫を駆除する3つの方法と注意点



蟻 種類
チャタテムシを駆除したい…退治する前に準備する物や駆除方法



蟻 種類
ダンゴムシを退治したい!ダンゴムシを駆除する5つの方法



蟻 種類
ノミを退治しよう!ノミを効果的に駆除する4つの方法と予防法



シロアリ


蟻 種類
シロアリを退治したい…自分でシロアリを駆除する方法や注意点



蟻 種類
シロアリから家を守りたい!シロアリの予防や被害を受けた際の対策



蟻 種類
シロアリの「羽アリ」と黒アリの羽アリの見分け方や注意点まとめ



蟻 種類
シロアリも種類で被害が違う?人家に被害を与えるシロアリの見分け方



蟻(アリ)


蟻 種類
蟻(アリ)を退治しよう!蟻を効果的に駆除する方法や予防法まとめ



蟻 種類
蟻(アリ)の種類を知ろう!日本で頻繁に見かける蟻の種類と見分け方



ハチ


蟻 種類
スズメバチに刺された…刺された際に生じる症状や応急処置まとめ



蟻 種類
蜂の退治方法を知ろう!蜂の効果的な駆除方法や予防法



バルサン


蟻 種類
バルサンを賢く使おう!バルサンの効果を高める使い方や注意点